最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サポート
中年女性の税理士

大企業に就職できたら必ずしも一生安泰といえる時代ではなくなった現代において、起業をして自分自身で道を嫌い抵抗と考えている人も少なくないことでしょう。
開業する分野については詳しい知識を有していても会社設立に関する役所関係の手続きや税金、労務関係については自信がないという人も少なくないのではないでしょうか。
会社設立にあたってそんな人たちの力強い味方になってくれるのが会社設立手続きに実績のある税理士です。
税理士というと税務申告の手続きだけを行ってくれる税の専門家とのイメージがありますが、最近では会社設立時の手伝いだけではなく、毎月の基調の手順や経営が軌道に乗るまでの資金繰りや経営全般のアドバイスに力を入れている税理士も増えてきています。
そうした税理士は事業を成功させるための力強いパートナーとなってくれますので、税の専門知識はもちろんのこと起業サポートに熱意のある税理士を探してみるとよいでしょう。

サービス

税理士は、企業経営のための税務問題を担当する税法の専門家です。
会社設立の際には、就業規則や労務関係の書類の作成については、行政書士等でも可能です。
しかしながら、会社設立時の税務関係の書類の作成は、税理士以外の者は行うことはできません。

税理士への報酬は、日本税理士会の定めた報酬料金規定によるとされています。
この報酬料金の規定は、受け取ることのできる報酬の上限を定めたものであるため、規定どおりの報酬を受け取っている方は少ないようです。
多くの場合は、その顧問となる企業の年間の売上金額や提供するサービスの業務量に応じて、個別に顧問料を決めています。
企業の年間の売上金額の何パーセントを年間の顧問料とするとか、毎月何回の訪問や記帳指導を実施するとかによって、顧問料が決定されています。
顧問料については毎月の顧問料のほか、税務申告の際には決算料や申告書作成料金として、別途、1ヵ月~3カ月分の料金を請求される場合が多いようです。
顧問税理士を選択する場合には、その提供されるサービスの内容等を確認して、顧問契約を締結する必要があります。